多重者でもカードローンでお金が借りられる?多重債務者でも審査を通過してお金を借りる方法とは?

多重者がお金を借りる際には様々な問題が生じるため、実際問題として中々お金を借りられません。
ですから多重者がお金を借りようとした場合、あらかじめ作戦を立てて行動しなければなりません。
作戦を立てるためには、なぜ多重者だとお金が借りられないのか、その理由を知っておく必要があります。
そこで、今まさに困っている多重者がお金を借りられるような、参考になる情報を紹介します。

多重者がお金を借りる前に検討するべき点

多重者、つまり多重債務者は基本的に、金融業者からお金を借入するのが難しいと考えられます。
少なくても、多重者が消費者金融のキャッシングを利用しようとした場合、「審査に通らない」「お金を借りられない」可能性が高いと考えられます。
なぜそう考えられるのか、とても大切なポイントなので、まずはなるべく簡単に解説します。

消費者金融の審査基準

多重者はなぜ、お金を借りれないのでしょうか?
その理由は、消費者金融の審査基準に原因があります。
どんな消費者金融会社でもお金を貸付する際には、必ず審査を行います。
厳密に言えば業者によって審査基準に多少の差はありますが、どんな金融業者でも以下の3点は必ず厳しくチェックされます。

○安定した収入があるか
○他社からの借り入れ件数・残高が多すぎないか
○信用情報に傷がないか

以上の3点を別の言い方で表現すると、

○毎月の支払い能力があるか(返済を延滞する可能性がないか)
○借金が膨らみ過ぎていないか(複数の業者から多額の借金をしていないか)
○過去において返済を滞納したなど、金融関係の事故がないか(ブラックではないか)

という事も出来ます。
これら3点は審査に通るか通らないか、その結果に直結する重大なポイントです。
残念ながら多重者の方は状況的に、以上の3点のどれかに必ず引っ掛かります。
もっと言えば多重者の方の場合、3点のうち複数に引っ掛かる事も多々あります。
そのためいくら多重者の方が借り入れの申し込みをしても、融資の対象にならないので審査を通過出来ないのです。
上記のポイントとは別に、消費者金融からの借り入れがそもそも無理な人もいます。

消費者金融からの借入が無理な人

先程紹介した3つのポイントとも関連しますが、そもそも金融業者から借金が出来ない人もいます。
その条件は以下の通りです。

○無職の人
○生活保護受給者
○ブラックリストの人
○総量規制にひっかかる人

無職の人は、安定した収入が無いため借金できません。
生活保護を受給している方も、原則として新規借入は出来ません。
ブラックリストに載っている人とは、先程も紹介した「信用情報に傷がある人」の事を指します。
総量規制ひっかかる人とは、収入以上の借金をしようとしている人の事ですが、この点についてはもう少し詳細に説明します。

総量規制とは?

総量規制とは、年収の3分の1を超える金額の借金を、原則として禁じる貸金業法の条文です。
例えば、年収の総額が300万円の人なら、100万円を超える借り入れは基本的には出来ません。
言わば、制限なく借りたいだけお金を借りて、生活が破綻する事を防ぐために作られた法律です。
多重者の方ならほぼ例外なく、自分の収入で返済できる限度ギリギリまでお金を借りているはずです。
そのため新たに融資を申し込んでも、総量規制に引っ掛かり新規で借り入れ出来ないという仕組みなのです。
ただし、総量規制が適応されない場合もあります。
例えば、証書貸付による借金なら、年収の3分の1以上の借り入れも可能です。
さらに、個人事業主が利用できる事業者ローンも総量規制の対象外です。
総量規制には例外がある事は、覚えておいて損はないでしょう。

大手消費者金融と銀行系カードローンは厳しい!

大手消費者金融と言えば、「アイフル」「プロミス」「アコム」「レイクALSA」等が有名です。
銀行系カードローンと言えば、三菱UFJ銀行が運営する「SMBCモビット」が有名です。
恐らく多重者に限らず、お金に困った経験のある方なら一度は、こういった金融会社の利用を検討した事があるのではないでしょうか?
これらの有名所を利用するメリットには、例えば以下のようなポイントが挙げられるでしょう。

○24時間ネットの公式サイト・ホームページで申込や審査が可能
○WEB上で全ての契約を完結させる事が可能(モビット)
○最短30分以内で融資可能
○セブンイレブンやローソンのような、全国のコンビニATMと提携しているので入出金が簡単
○一定期間内なら金利が無利息(レイク)

多重者にとってお金の問題は、かなり切羽詰った問題のはずですから、率直に申し上げます。
多重者の方が大手消費者金融や銀行系カードローンから、新規で借り入れするのは条件的にかなり厳しいでしょう。
というよりもその可能性はほぼ、0%と言ってよいかもしれません。
枠を新たに追加(増額)する場合も同様です。
つまり、上記のような業者は金融属性が高い人向け(専用)の、金融商品・サービスを展開しているという事です。
多重者の人はなぜこれらの金融機関から融資を受けられないかというと、先程紹介した総量規制の他にも信用情報の影響が挙げられます。

信用情報を取り扱う3つの機関

多重債務者に限らず誰でも、貸金業者に借金を申し込む場合には例外なく、事前に業者が信用情報機関を検索して、顧客の信用情報を詳細に調べます。
信用情報機関には、金融サービス利用者のこれまでの利用記録がすべて残っているのです。
いわば、利用者に金融事故等がないか、過去から現在に至るまでその状態を保管・監修しているのが、信用情報機関と言えるでしょう。
日本には以下のように、3つの信用情報機関が存在しています。

○JICC:消費者金融系カードローンの信用情報を管理
○CIC:クレジットカードの信用情報を管理
○KSC:住宅ローンや自動車ローンなど銀行系の信用情報を管理

以上のように、機関によって扱っている項目に違いがあります。
上記3つの機関に顧客情報が残る期間は、初めて利用してから原則として5年間です。
ですから多重者の方が、大手消費者金融や銀行系カードローンで融資を断られた場合、結果として信用情報に傷があったと判断できるのです。

多重者でも審査が通りやすくなるコツは?

これまで紹介してきたポイントを踏まえると、金融業者から借金をしようとした場合には、「審査を通過するためのコツがある」とも言えそうです。
お金を借りられなくて困っている多重者の方は、まずは以下の点を参考にしてみてください。
新規融資の可能性が少しでも上がるなら、検討する価値があるのではないでしょうか?

○年収の3分の1以上の金額を希望しない
○複数の会社から借入しない
○延滞しない

「年収の3分の1~」については、総量規制に引っ掛からないようにするという事です。
詳細は先程説明した通りなので、ここでは省略します。
「複数の会社から借り入れしない」というのは、言い換えれば、借金件数を極力減らすという事です。
例えば、現在4社から借り入れがある多重者の方なら、何とか1社でも多く完済した上で新たに借り入れを申し込むと、審査に通りやすくなるという事です。
理想的には件数を2社まで減らせれば、審査には通りやすくなるはずです。
そして、自分の信用情報を傷つけないためにも、毎月の返済を延滞しない事はとても大切になります。
金融事故とは極端に言ってしまえば、「延滞の記録」そのものだからです。
延滞情報は金融業者が最も嫌うポイントでもあるので、毎月の返済が滞る事が無ければその分、審査に通る確率も上がります。

おまとめローンの利用も検討してみては?

新規でお金が借りられず困っている多重者の方なら、おまとめローンの利用を検討するのもひとつの解決策です。
先程説明した通り、借り入れ件数が多いと審査に通りづらくなるわけですから、借金を借り換えたり、一本化する事で件数自体を減らしてしまえばよいだろう、という事です。
また、多重債務に悩む方にとって、借入件数が多ければ多いほど、返済のための管理作業も大変になるので、そういう意味でも一本化はおすすめの方法と言えるでしょう。
現在ではほぼ全ての消費者金融と銀行系カードローン会社が、おまとめローンに対応しています。
金融業者の側から考えても、他社の借金が自社に全てまとまるわけですから、非常にオイシイ話と言えるので積極的にサービスを展開しています。

多重者でも借金できる可能性がある消費者金融会社

多重者が大手消費者金融や銀行系カードローンに新規で借り入れを申し込んでも、審査を通過するのは相当難しいだろうという事は、これまで紹介してきた通りです。
しかし、金融業者は大手消費者金融や銀行系カードローンだけではありません。
日本全国には現在、膨大な数の中小消費者金融会社が存在します。

多重者には中小消費者金融がおすすめ!

中小消費者金融は別名、街金とも呼ばれます。
資本金や従業員数など企業としての規模が違うだけで、大手と同様に貸金業者(日本貸金業協会の一員)である事には何ら変わりはありません。
中小消費者金融の場合、審査に要する時間は1時間程度ですし、申込んだ時間帯によっては即日融資にも十分に対応してくれます。
50万円以内の借金なら原則として保証人は不要ですし、振込による貸付にも対応が可能な企業が多いのです。
しかし大手と比べて、審査に際して多少基準に違いがあり、多重者の方にとってはここが大きなポイントになります。
大手は主にスコアリング方式で審査するため、属性が低ければ低いほど減点対象になり、結果として借り入れ不可という場合が往々にしてあります。
しかし中小消費者金融の場合は原則として、

○現在安定した収入があるかどうか

が最大の審査ポイントになります。
仮に大手で弾かれても、安定した収入があれば場合によっては貸付OKというのが、中小消費者金融の最大の特徴・ウリです。
そういう意味では、多重者にとって中小消費者金融の存在は、大手の審査に落ちて困った時でもお金を貸してもらえる可能性がある、頼みの綱的な存在と言えるかもしれません。
初めて利用する人にとっては不安な面もあるかもしれませんが、大手から借入を受けられず困っている方なら一度、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの中小消費者金融3社

2020年にネット上で特に評判の高かった、中小消費者金融企業を3つ、一覧にして紹介します。
一口に評判が高いと言っても様々ですが、多重者の方にとって最大の関心事である、「審査の甘さ・借入のしやすさ」を重視して選びました。
それぞれ独自の企業戦略のもと、特色のあるサービスを展開しているのでおすすめです。

○AZ:借入のしやすさから、ネット上では「神金融」として知られます
○アムザ:借り入れ可能枠が小さい(10万円未満)ながら、審査が激甘と評判です
○北海道キャネット:申込から借入の完了まで時間を要するものの、審査自体はかなり甘いと評判です

ここで紹介した中小消費者金融業者は大手とは違い、原則としてカードローンに対応していません。
つまり、借入や返済の際には店頭もしくは振込対応がメインになるという事です。
そのため例えば振り込みで返済した後には、自宅までその明細書が届く事を意味しますので、家族バレが気になる方は注意が必要です。
こういった点も含めて、審査を申し込む前に電話などで、気になる点について問い合わせする事をオススメします。
なお、あくまでネット上の口コミや体験談の内容を参考に選びましたので、上記の評判が全て確実に本当かどうかまでは、どうしてもわかりませんでした。
申し訳ございませんが、利用の際にはくれぐれも、ご自分の判断と責任で行動するようお願いします。

消費者金融・銀行系カードローン以外の方法

貸金業を営んでいるのは消費者金融や銀行系カードローンだけではありません。
お金を借りる方法はもちろん、借金を減らすという考え方もあります。
以下に紹介するサービスの条件・金利などを比較して、自分にとってリスクの低いと考えられる最適な手段を選ぶのもひとつの方法です。

多重者が消費者金融以外でお金をつくる方法

多重者でもお金を作れる可能性がある、代表的なサービスを4つ紹介します。

○質屋:担保を入れる事で融資が受けられる。不要になったブランド品などを処分する場合は実質、担保は不要と考える事も可能
○生命保険の契約者貸付制度:生命保険の解約返戻金の範囲内で、保険会社から貸付を受けられる制度
○負債整理資金融資制度:労働組合に加入している人のための制度。ろうきんで多額の債務を整理する事が可能
○ファクタリング:手数料を支払う事で、給料や事業収入などを前借りできるサービス

一昔前までなら、質屋と聞けば利用に際して、敷居が高いイメージをお持ちの方も多かったかもしれません。
現在ではテレビや新聞などでも積極的にCM展開しているので、以前よりも簡単に質屋の門をくぐれるのではないでしょうか?
要らなくなったブランド品などを買い取って貰えるのは、多重者の方にとっては大きなメリットがあるはずです。
また、最近名を知られるようになったファクタリングですが、トラブルが発生するケースも増えてきました。
くれぐれも利用する際には、正規のファクタリング業者かどうか確認しましょう。
ちなみに、クレジットカードのキャッシング機能を利用するという方法もあるにはあります。
しかし現実的に考えて、多重者の方がキャッシング枠をゲット出来るとは考えづらいので、ここでは除外します。

また、特に多重債務者の方なら、一般社団法人が運営する、

○生活サポート基金

が心強い味方になってくれるかもしれません。
最初から多重債務者の利用を想定しているので、民間の金融業者よりも借り入れが簡単というメリットがあります。
しかし、融資を受ける際には連帯保証人を立てる必要があったり、家族バレが避けられなかったり、それなりの利息が付いたり(12.5%)といった具合に、色々な制約も付きます。
また、2021年現在、関東エリアのみでしか利用が出来ないというデメリットもあります。

債務整理で借金を大幅に減額する

多重債務に悩む方なら、思い切って債務整理を申し込んでみるのも、有効な解決策のひとつです。
債務整理と聞くとそれだけで敬遠してしまう方も多いのですが、債務整理は法律でも認められたれっきとした再生のための制度です。
債務整理には、

○自己破産:財産を売却して、それでも借金残高がある場合は、これを帳消しにするための手続き
○個人再生:借金の元本を減額した上で返済計画を立て直し、約3~5年で完済するための手続き
○任意整理:債権者と利息カットなどの交渉をして、和解する事で完済を目指す手続き

の3つがあります。
先程紹介した信用情報機関に、債務整理の情報は一定期間残るというデメリットは確かにあります。
しかしその分、借金の額が大幅に減らせる、場合によってはゼロになるという大きなメリットがあります。
さすがに5万円~10万円程度の借金ならば、債務整理する流れまでには至りません。
しかし、100万円単位の借金があり生活費すら捻出できない、どうにも首が回らないなどといった時には、債務整理の存在は思っている以上に大きな救い・助けになるはずです。
債務整理が認められれば、借金が大幅に減るので悩みの種も減りますし、返済計画を立て直すので完済までの道のりがイメージしやすくなります。
くどいようですが、場合によっては借金そのものが無くなる事もあり得ます。
債務整理によってブラックリストに載ってしまうなど、それ相応のペナルティを受けるのは確かですが、生活を再建させるための時間を、結果的に大幅に短縮できるのは大きなメリットです。
もしも大きな借金を抱えて苦しんでいる多重者の方がいらっしゃったら、一人で悩まずまずは弁護士に相談する事をオススメします。
最後にもうひとつ付け加えると、弁護士の指導が無ければ、債務整理はほぼ不可能と考えられます。
つまり、債務整理の際には弁護士に払う費用(一般的には20~30万円程度)が別途かかります。
考え方によっては、借金を返すために新しく借金を作る事にもなるわけですが、弁護費用は分割対応してくれる弁護士も多いので、この点も含めて相談してみてはいかがでしょう。

市役所などの公的機関に相談する

多重者の方がお金を作る方法として、市役所などの公的な機関に相談するのも有効な解決手段のひとつです。
多重債務や貧困に苦しむ人を救済するために、各種の制度が用意されています。
そんな救済制度の代表例に、生活保護が挙げられるでしょう。

生活保護について

多重者の方のお金に関する悩みは深刻です。
今日・明日の生活費に困っている場合も多く見受けられます。
そしてこのような悩みは、誰かに話を聞いてもらうだけでは解消されにくいものです。
そんな方が当面の生活費を工面し将来的に生活の再建が出来るよう、国や地方自治体が整備している制度に生活保護があります。
生活保護を受ける場合、その窓口は各地方自治体の市役所になります。
生活保護を受給するための主な条件は以下の通りです。

○資産を持っていない
○働く事が困難
○他に利用できる制度がない
○親族(親・兄弟/姉妹)から金銭的な援助を受けられない

以上の条件を一目見ても、実際に生活保護を受給するまでの道のりは、かなり険しい事がわかります。
「資産を持っていない」という事は、資産を持っている場合は売却を勧められる事を意味します。
つまり、財産調査のために所有している口座などにも、徹底的な調査が行われるという事です。
「親族から援助を受けられない」という事は、親族にあなたが生活保護の受給を申請している事がバレるという意味です。
これらは一般的な感覚からすると、かなりキツイ条件に思われます。
なおかつ、多重者の方の場合は特に、生活保護の受給にあたり既に、多額の借金がある事が想定されます。
こういった場合には生活保護の前に、債務整理(多くは自己破産)を勧められる事も付け加えておきます。
しかし、どうしても他に解決方法が無いのならば、思い切って生活保護の受給を検討・申請した方が良いでしょう。
なお、「生活保護を受給している最中に、消費者金融などから新しく借り入れが出来るのか?」という疑問をお持ちの方も多いようです。
法律上のさだめが無いので借りられない事はありませんが、ケースワーカー等に借金がバレたら生活保護を打ち切られるのでやめた方が無難です。

多重者を狙う危険な罠

多重者の方は切迫したお金の悩みを抱えています。
そんな人たちに甘い言葉で近づき、暴利と言ってよいほどの異常に高額な金利をむさぼる人間(業者)も確かに存在します。
そんな違法集団を紹介しますので、絶対に近づかないでください。

闇金

多重者を狙う有名な違法業者として、まずは闇金が挙げられます。
今日では頻繁にニュースなどでも取り上げられるので、知らない人はいないのではないでしょうか?
まず、闇金は正規の金融業者ではない事は、はっきりと記載しておきます。
つまり、闇金はそもそも違法業者なのです。
闇金は審査なしでお金を貸してくれる場合も多いのですが、審査なしでお金を貸す行為自体が違法です。
闇金からお金を借りる際には、それらしき書類に名前・住所・電話番号を記載するだけで登録が完了します。
つまりかなりお手軽なのですが、実際に闇金からお金を借りると以下のような問題が発生します。

○異常に高い金利を請求される
○短期間(おおむね1週間以内)で利息の返済を迫られる
○異常に執拗な取り立てに遭う
○犯罪やトラブルに巻き込まれる

闇金からお金を借りると、年利計算で100%を優に超える金利を請求される事がザラです。
その上、1週間以内に利息だけでも返済するよう迫られるので、いつまで経っても元本が減りません。
さらに、お金を借りた本人はもちろん、家族や会社にも電話などで執拗な取り立てを行います。
借金を帳消しにする代わりに口座を明け渡すよう迫られるなど、犯罪やトラブルに巻き込まれたり加担してしまう可能性もあります。
つまり闇金からお金を借りるとリスクが高い云々では済まず、人生を破滅させる事が十分にあり得るという事です。
くれぐれも、「今すぐお金貸します」といった類の甘い謳い文句には注意してください。
ちなみに、

○よく考えるまでもなく、闇金が危険な事くらい誰にでも簡単にわかるだろう
○闇金とわかっていながら利用したのなら、何が起きてもそれは自己責任だ

という人もいます。
確かにある意味では全くの正論なのですが、その日の生活費も足りないくらいまでお金に悩んでいると、誰でも正常な判断が難しいものです。
多重者にとってお金の悩みは、それほど逼迫した緊急性の高い重大な問題なのです。
そんな状態の人間心理に、巧みに付け込むのが闇金の常套手段なのです。
くれぐれも闇金に近づいてはいけません。

個人間融資掲示板など

そんな多重者が抱える悩みの重大性に付け込むのは、闇金だけではありません。
最近では個人間融資掲示板を介した貸付も話題です。
ネットの記事などでも、取り上げられる頻度が増えてきました。
個人間融資掲示板とは、簡単に言えば、お金を借りたい人と貸す人が連絡を取り合うネット(SNS)掲示板です。
しかし実際には、個人を装った違法業者が高金利で貸付けを行っている場合がほとんどです。
日本の法律では、このような行為をするためには貸金業登録が必要ですが、多くの場合は無登録営業をしています。
つまり闇金同様、個人間融資掲示板に現れる「お金を貸してくれる人」の多くは違法業者なのです。
やはり闇金同様、一度でも利用するとトラブルや犯罪に巻き込まれる可能性が非常に高まります。
決して利用しないよう注意して下さい。
最近では他にも、以下のようなヤリ口の違法業者が存在します。
名称や主な特徴を紹介しますので、決して利用しないよう注意してください。

○ソフト闇金:
・闇金に比べてソフトな対応をウリにしている
・公式サイトを持っていることが多い
・10日間や1ヶ月間といった短期間の金利のみを表示する事で、本当の法外な金利を隠す

○090金融:
・街角チラシ(電柱など)やSNSなどで勧誘を行う
・「電話をかけるだけで、お金が今日中に借りられる!」が勧誘のキメ台詞(借入れまでの時間が早い事を強調する)
・携帯電話番号と業者名のみを表記している(住所・固定電話番号・登録番号等を明示しない)

時代と共に違法業者の手口も複雑・巧妙になって来ています。
多重者の方はくれぐれも、上記のような違法な手口にハマらないよう気を付けてください。

正規の金融業者と違法業者の見分け方

最後に、消費者金融のような正規の金融業者と、闇金のような違法集団を見分けるコツを紹介します。
先程も紹介した通り、審査なしにお金を貸し付けるのは違法なので、このような謳い文句の業者は間違いなく違法業者です。
また、法律上、融資の際に設定できる金利の上限は、原則として18.0%までになっています。
ですから、これ以上の利息を要求する業者は違法業者と考えて間違いありません。
一昔前までなら、返済が遅れると職場や家庭に突然電話が来たりといった具合に、大手消費者金融でも延滞者への取り立てはかなりキビシイものがありました。
しかし現在は、このような取り立てをする正規金融業者はほとんどありません。(全く存在しないわけではありません)
借金の返済のために異常な追い込みをかけてくる業者がいたとしたら、それは違法業者と考えて間違いありません。
以上のようなポイントや注意点をまとめると、総じて闇金のような違法業者は、「お金を借りるためのハードルが限りなく低い」のが特徴と言えるでしょう。
これは多重者の方にとっては、一瞬オイシイ話に見えるはずです。
しかし違法業者のこのような勧誘方法は、オイシイ話には裏がある典型的な例なので、くれぐれも騙されないよう注意してください。

多重者でも審査を通過して、お金を借りられる方法のまとめ

多重者が大手消費者金融や銀行系カードローンからお金を借りるのは、現実問題としてほぼ不可能でしょう。
期待すればするほど、うまくいかなかった時のショックは大きいので、最初から選択肢から除外した方が賢明です。
確かにこういった大手業者からお金を借りるのは無理でも、これまで紹介してきたように中小消費者金融の利用など、多重者でもお金を借りられる方法はあります。
どうしようもなくなったら、債務整理や生活保護といった手段もあります。
多重者の方は毎日の暮らしに、希望を持てない場合も多々あるでしょう。
しかし、どんなに苦しくても、何とかする方法は必ずあるので安心してください。
多重者は本当にお金を必要としているので、どうしても正常な判断が狂いがちになります。
どういった理由があるにせよ、ヤケを起こして闇金のような違法業者を頼っては絶対にいけません。
ひとりでも多くの多重者の方に、このサイトに記載されているポイントを参考にしてもらえれば幸いです。

コメント