長期延滞中でも融資は可能?滞納してブラックになっても消費者金融などからお金を借りる方法

消費者金融などからお金を借りて、支払いを長期に渡って延滞すると、様々な場面で不都合が生じます。
例えば、大手消費者金融のような金融機関からは、融資が受けられなくなります。
長期延滞するとなぜこのような不利益を被るのかは、知識として絶対に知っておいた方が良いでしょう。
中でも、現在進行形で長期延滞中の方なら尚更です。
果たして、長期延滞中でもお金を貸してくれるような金融機関はあるのでしょうか?

長期延滞するとどうなる?

最初に結論をお話すると、長期延滞するとほぼ全ての金融機関からは、お金を借りるのが難しくなります。
当然ながら例えば、長期延滞すると大手消費者金融や銀行系カードローンからは、ほぼどこからもキャッシング出来なくなるという事です。
もちろん、おまとめローンのような他のサービスの利用もほぼ無理でしょう。
もっと言えば、長期延滞するとクレジットカードを作ったり、携帯電話を新規で契約する事すら難しくなります。
長期延滞するとなぜこのような事態が発生するのか、知っておいて最低でも損はしません。
とても大切な情報なので、まずはこの点から詳細に解説します。

長期延滞とは?

長期延滞とは、消費者金融等の金融機関からお金を借りて、返済が61日以上遅れている状態を指します。
ですから、60日以内に支払いをすればとりあえずは、長期延滞のカテゴリーには含まれません。
もちろん、1~2日返済が滞った程度では、長期延滞ではありません。
しかし、仮に1~2日の支払いの遅れでも、信用情報に傷が付くのは確かなので、くれぐれもお金を借りた際には返済が滞らないよう注意しましょう。
先程も紹介した通り今日では、長期延滞者と判定されると、様々な面でかなり大きな不都合が生じます。
なぜそのような不都合が生じるのかというと、お金の返済状況は信用情報機関に全て記録されているからです。

信用情報機関とは?

金融業者からお金を借りる場合、日本中にある全ての貸金業者は必ず審査を行います。
貸金業者は全て例外なく、融資に際しては審査をするよう法律で義務付けられているからです。
審査項目は毎月の収入や、収入と総量規制とのバランス、他社からの借入れ件数など様々です。
そういった、いわば利用者の過去の実績や事実の調査の一環として、信用情報機関に顧客の信用情報を照会します。
他の金融会社に対して過去に支払いを遅れた経験などがないかを、特に念入りに調べるためです。
日本には2021年現在、以下の3つの信用情報機関があり、金融機関から要求があれば速やかに記録を提出する事が可能になっています。

○JICC:消費者金融系の状態を記録
○CIC:クレジットカードの信用情報に関する状態を記録
○KSC:住宅ローンや自動車ローン等、銀行系の信用情報に関する状態を記録

先程紹介した通り、61日以上支払いを延滞すると、以上の3つの信用情報機関に延滞の記録が登録されます。
そのため、金融機関は顧客の信用情報を正確に把握できるので、長期延滞者では融資が不可能になってしまうのです。
60日以内、つまり2ヶ月以内の短期延滞の場合に関しては、異動情報が信用情報機関には記載されません。
つまり延滞が2か月以内であれば、長期延滞者としては扱われないので、融資の可能性も出て来るわけです。
ただし、確かに融資の可能性がありますが、現実的には支払いを遅れると何らかの形で延滞実績が金融業者に結局はバレます。
返済の延滞実績は決して、金融機関の側からすると好ましい情報ではないので、審査の際には大きなマイナスになる事は付け加えておきます。
ちなみに、以上3つの信用情報機関には5年~10年の期間、情報が保管されます。
もちろん、自己破産の情報などもこの期間ずっと、信用情報機関に残される事になります。
10年近く自分の信用情報が残るのは、少なくともとても重い事実と言ってよいでしょう。
消費者金融等のサービスを受ける際にはくれぐれも、限度なくお金を借りて支払いを延滞する事の無いよう気を付けましょう。

ブラックリストとは?

長期延滞中の方に限らず恐らくほとんどの方は、「ブラックリスト」の名前を聞いた事があるのではないでしょうか?
よく言われるブラックリストとは、いわば、

○61日以上支払いを延滞して信用情報に傷が付いた人(状態)

の事を指します。
また、「(金融)属性」という言葉を聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?
正規か非正規か、収入のランクはどの程度か、ブラックリストに載っていないか等が、総合的に評価されたものが属性と呼ばれるものです。
同じブラックリストでも過去の実績や条件によって、以下に紹介する3つに大きく分かれます。

ブラック

以下の2つの条件の内いずれかを満たせば、ブラックとみなされます。

○信用情報に数回の返済の遅れのような、多少のキズがある
○過去に債務整理の経験がある

ブラックの場合、金融業者によってはお金を借りられる事もあるし、借りられない事もある、という状態です。
属性としては決して高くはないものの、後述するスーパーブラックよりは、当然と言えば当然ですが相対的に上に位置づけされます。
こういった場合、大手ではなく中小消費者金融業者の利用が考えられるでしょう。(理由等は後ほど詳しく説明します)

スーパーブラック

以下の条件を満たせば、スーパーブラックとみなされます。

○過去に何らかの金融商品やサービスの返済を61日以上延滞した

何らかの金融商品やサービスには、以下のような項目があてはまります

○カードローン
○クレジットカード
○住宅ローン
○各種ショッピングローン
○携帯電話(スマホ)本体の分割払い
○携帯電話(スマホ)の毎月の支払い

長期延滞中の方の多くは恐らく、スーパーブラックのカテゴリーに入るはずです。
属性的にも最低ランクになってしまうので、スーパーブラックになると名だたる金融機関からはまず、お金を借りられなくなります。
特に、スマホの支払いを2か月以上延滞すると、スーパーブラックになってしまうのは盲点で、思っているよりも遥かに大きく日常生活に支障が出ます。
スマホの支払いを軽く考えた事で、自分では気付かない内にスーパーブラックになっている人も多いようです。
スーパーブラックになると、その後ほとんどのローン契約が出来なくなるため、人生設計に大きな狂いが生じる事もあり、現在大きな社会問題にもなっています。

申込みブラック

ブラックにはもうひとつ、「申込ブラック」というこれまでの2つとは趣が違うカテゴリーも存在します。
その名の通り、金融業者に新規で借入の申し込みをし過ぎて、「審査のブラックリスト」にのってしまった状態です。
一般的には、3ヶ月以内に3社以上に続けて申し込むと、申込みブラックとして扱われると言われます。
くれぐれも新規申込の際には件数を絞って、断られたらある程度の期間を開けてから再度申し込むのが良いでしょう。

長期延滞中の場合、大手から融資を受けるのはほぼ不可能!

長期延滞中の方が大手消費者金融にキャッシングの審査を申し込んでも、借入を受けるのはほぼ不可能でしょう。
銀行系カードローンも同様に、審査に通るのは相当難しいと考えられます。
何故そうなるのか、その理由はこれまで説明してきた通りです。
ただし、web上にある全国各地の口コミ等を見る限り、絶対に不可能という訳でもないようです。
もしかしたら場合によっては、どういうワケか融資を受けられる事が稀にあるのかもしれません。

アイフルとアコムならワンチャンあり?

インターネット上にある無数の記事や口コミ・体験談等を見ると、長期延滞中でもアイフルとアコムで審査に通過したという情報がありました。
真偽のほどは残念ながら、確かめようがないので定かではありません。
もしかしたら同じ大手でも、アコムとアイフルならほんの少しだけ可能性があるのかもしれません。
しかし、長期延滞中の方が大手に突撃しても、撃沈する可能性の方が遥かに高いのは間違いありません。
そうなると、むやみやたらに申込みブラックになる危険性が高まるだけなので、オススメは出来ません。

延滞期間別、「審査に受かる可能性はあるのか?」のまとめ

難しい話が続いたので、ここまで紹介した情報の中で、長期延滞者が気になるであろうポイントを一度、以下に簡単にまとめました。
ぜひ参考にしてください。

○数日~60日以内の延滞の場合:
融資金額こそ少ないものの、審査に通過する可能性は(決して高くはないが)あり。

○2か月~5年未満の長期延滞の場合:
消費者金融やクレジットカードなど金融商品の利用は、原則として不可能と考えても差し支えなし。

ここでひとつ、素朴な疑問が湧いてくる方もいらっしゃるかもしれません。
長期延滞者とは原則として2か月から5年未満に渡り支払いを延滞している人の事ですが、それ以上の期間、つまり5年以上にわたって延滞するとどうなるのか?という事です。

借金には時効がある!

法律上、借金には時効がある事がハッキリと明記されています。
これは長期延滞中の方にとっては、かなり重大なポイントになるなずです。
この手の話題はどうしても法律用語が連発するので、そういった専門用語は最低限に抑え、なるべく要点のみを簡単に説明します。

時効の援用とは?

5年以上の長期延滞に関しては、「時効の援用」が適用されます。
簡単に言えば、借金は5年以上延滞すれば、時効が成立するという事です。
法律的には、「消滅時効」とも言います。
ただし、延滞が5年を経過した時点で、自動的に時効が成立するわけではありません。
時効の援用を行使する旨の意思表明をする必要があり、ここが大きなポイントになります。
この意思表示を、「時効援用の意思表示」と言います

時効援用の意思表示とは?

時効援用の意思を、お金を借りた相手にハッキリと伝える事を、「時効援用の意思表示」と言います。
その方法としては、内容証明郵便を利用して相手に伝達するのが一般的です。(証拠を残すため)
時効援用は裁判を通して行われるのが通常なので、多くの場合、弁護士のアドバイスが必要になるでしょう。
時効援用が正式に認可されれば、借金返済義務が消滅するので、いわば借金はチャラになります。
しかし信用情報機関にその情報は残る事が多いので、成立後少なくとも5年間は、ブラック状態が継続する事は覚悟しておいた方が良いかもしれません。

中小消費者金融なら長期延滞中でもワンチャンあり?!

長期延滞者にとって時効援用は確かに大きな助けになる制度ですが、それなりのリスクや犠牲も払います。
もちろん、そもそも大手金融業者からお金を借りようにも、そうそう簡単には行かないでしょう。
しかし、消費者金融業者はプロミスやレイクのような大手だけではありません。
日本全国には多数の中小消費者金融があります。
いわゆる街金です。
中小消費者金融が正規の金融業者なのは言うまでもありません。
大手でお金を借りる事が出来なかった長期延滞者にとって、中小消費者金融は心強い存在になるはずです。

中小消費者金融と大手の違い:審査基準

中小消費者金融と大手消費者金融の違いを比較すると、審査基準の違いが真っ先に挙げられます。
中小消費者金融は総じて、大手に比べて審査基準が甘いと言われますが、これは少し現実には即していない言い回しです。
中小消費者金融各社はそれぞれ独自の審査基準を持っていますが、共通して言えるのは、「安定した返済能力が現在あるかどうか」を重視しています。
つまり長期延滞中でも、現在仕事に就いていて返済能力があるとみなされれば、大手で融資を断られても中小ならワンチャンがあり得るという事です。
そういう意味では、中小消費者金融は審査が甘いというよりは、大手とは審査基準が異なると言った方が適当かもしれません。
こういった審査基準の違い以外に、中小と大手の明確な区別はほとんど付かないと言って良いほどです。
中小でももちろん、最短で審査時間は1時間程度なので即日融資にも対応してくれますし、申込みに際して担保は原則不要です。

長期延滞中でも貸してくれるかもしれない!?おすすめ中小消費者金融会社

ネット上で2020年に、最も借り入れがしやすいとの評判や口コミが多く見られた、中小消費者金融会社を3つ一覧にして紹介します。
中小はカードローンに対応していない会社が多いので、来店・電話・ホームページから審査を申し込む形になります。
いずれも柔軟な企業運営と貸付対応で評判なので、長期延滞中でも条件を満たせば借入を受けられる可能性はあるはずです。

○AZ:
・原則として専用サイトで契約対応
・審査自体はかなり甘いと評判
・国保加入者には厳しいのでは?との口コミあり

○フクホー:
・原則として専用サイトで契約対応
・在籍確認なしとの口コミあり
・アルバイトでもOKだが、必要書類が非常に多いとの口コミあり

○エイワ:
・契約に際しては来店が必須
・対面審査による、いわゆる「言葉責め」あり
・初回は小口融資が大前提で、返済実績を作って枠を広げるのが基本

AZ・フクホー・エイワは街金としては、いわば超有名どころです。
以上3社の他にも、北海道キャネットやゼロワン、ライフティといった街金も評判が良いようです。

公的支援資金やその他の方法

長期延滞中でも融資可能かもしれない金融業者を紹介しましたが、当然ながら断られる可能性はあります。
そんな場合は、公的支援資金やその他の方法を模索するのも良いでしょう。
どうしても長期の延滞が長引くと、その日の生活にも事欠く場合が多いので、まずは市役所等で窮状を相談してみてはいかがでしょうか?

市役所や社会福祉協議会に相談する

長期延滞中の方が、市役所等の公的機関から受けられる支援の代表例に、生活保護が挙げられます。
ただし、生活保護に関しては長期延滞中の方にとって、1点注意しなければならないポイントがあります。
生活保護を受給する場合、自己破産などの債務整理を事前に行い、借金を無くさなければならないという事です。
「さすがに自己破産はハードルが高い」という長期延滞者の方なら、社会福祉協議会にある各種支援金制度の利用を検討するのもよいでしょう。
自治体によって多少名称に違いはありますが、各社会福祉協議会では主に以下のような名目の福祉制度が整備されています。

○生活福祉資金:他の貸付が利用出来ない低所得者等の、経済的自立と生活の安定を目指し審査の上で貸付を行う制度。
○応急生活資金:一時的かつ臨時的に困窮する市民に対し、資金貸付の相談を行う制度。ローンや借金返済などの貸付は、対象外になるケースが多いので要確認。

その他の方法

金融会社から借金したり、公的機関から給付を受ける以外にも、色々な方法でピンチを脱出する方法はあります。
例えば、以下のような方法でお金を作る事が可能なので、条件にあてはまるようでしたら、積極的に利用してみるのも解決策のひとつです。

○知人に借りる:
知人にお金を借りるのは、長期延滞者の方に限らず、多くの人が経験するお金の作り方です。
そういう意味では、問題の解決方法としてはスタンダードと言えるかもしれません。
しかし、知人からお金を借りた事がきっかけで気まずくなったり疎遠になったりといった事は、現実問題として十分に起こり得ます。
くれぐれも知人から借金をする際には、誠意のあるしっかりとした判断や対応をするよう注意して下さい。

○質屋を利用する:
最近では質屋もだいぶ営業形態を変えているので、利用しやすくなりました。
何と言っても、質屋では個人の信用情報を審査されないので、長期延滞中の方にとっては利用のハードルがとても低いのがメリットです。
もしもブランド品等を持っていたら、お金の作り方としてはとても便利な解決方法とも言えるでしょう。
ただし便利な分、質屋は概ね金利が高めに設定されるので、利用に際してはそれなりの覚悟が必要になります。

○ファクタリングを利用する:
新聞記事やニュースなどで、ファクタリングの文字を見る機会が増えました。
そういう意味では、割合に新しい金融サービスと言えるかもしれません。
確かに、給与を事前に前借りしてくれるので便利と言えば便利です。
しかし、本人確認のため勤務先に電話が行ったり何かと調べられますので、利用に際してはかなりの覚悟が必要になるでしょう。

住宅ローンにワンチャンあるかも?

お金を作る意外な方法として、住宅ローンをうまく活用するという手段もあります。
長期延滞中でも担保がある場合は、融資を受けられる可能性があるからです。
長期延滞中という事実と、不動産などの担保を所有しているという事実は、全くの別物です。
簡単に言えば、自宅に居住しながら、各種ローンの返済を滞る事は十分に考えられるという事です。
もしも長期延滞はしているものの、不動産を所有している人なら、住宅ローンに望みをつなぐ事は可能かもしれません。
ただし、住宅ローンの支払いを延滞すれば、当然ながら担保を没収される可能性があります。
現実的に、長期延滞者ならなおさら、そうなる可能性は高まる事が強く予想されます。
金策のために自宅を失う喪失感は、かなり深刻なものです。
そういう意味では、あまり積極的に推奨される解決策とは言えないかもしれませんが、知識のひとつとして紹介しておきます。

闇金は絶対にダメ!

これまで紹介してきた通り、長期延滞中の方は基本的に、お金を借りるのが非常に難しい状態です。
そんなお金に困った人達を狙う詐欺集団がいます。

闇金

最も有名な詐欺集団は、闇金でしょう。
最初にお話ししておくと、ヤミ金は疑いようがなく違法集団です。
闇金は主に、以下の点で違法です。

○審査を行わない点
○契約の手続きや書類が、法的に必要な書式を満たしていない点
○法定利息を大幅に超えた金利を要求する点
○執拗な取り立てを行う点

お金に困って闇金を利用すると、あっという間に地獄を味わう事は、、言わずもがなでしょう。
長期延滞中の方は特に狙われやすいので、絶対に利用する事がないよう注意してください。

個人間融資掲示板・クレジットカード現金化

最近ではヤミ金の他に、以下のような手法も蔓延しています。

○個人間融資掲示板:
ネット掲示板で個人を装いお金を貸す手法。
原則として金融業者以外がこのような行為を行うのは、そもそもが違法。

○クレジットカードの現金化:
クレジットカードで商品を購入させ、その商品を買い取り現金に換えさせる手法。
違法とまでは言えないが(いわゆる「グレー」)、実際問題としてクレジットカード会社にバレた場合、即刻カードの契約が解約される。

いずれの手法もかなりお手軽で簡単なので、長期延滞者の方なら一瞬、利用を考えてしまうかもしれません。
特にこういった業者は、

○今すぐお金を貸します!
○少額融資なので返済が簡単!追加融資も可!
○秘密厳守で1時間以内に口座へ入金可能!

といった感じで、お金に困っている人の「困っているポイント」を突くのが上手です。
上記のような広告文は、言うまでも無く全て罠と考えてもらって構いません。
そして、一度手を出すとドツボにハマり抜けられなくなります。
絶対に利用しないよう気を付けてください。

長期延滞者になる前に

ここまで、長期延滞中に融資を受ける事は可能なのかといった具合に、言わば長期延滞してしまった場合の対処法という視点から、色々な情報を紹介しました。
しかし、長期延滞者になる前に対策を打てれば、それに越した事はありません。
ですから、返済が滞り始めた時に、長期延滞者になる前の段階で出来る事は無いのか、その対処法を紹介します。

延滞中にやっておいたほうが良い2つの手段

長期延滞を避けるためには、以下の2つの方法が現実的にとても有効でしょう。

○自分の支払状況を正確に把握する:
実は、支払いを延滞している方は、自分の返済状況を正確に把握していない場合が非常に多いのです。
このような状態が続く事で、結果として長期延滞者になるケースがとても目立ちます。
不都合な現実からは目をそらしてしまうのは、確かに誰にでもある事ですが、返済が遅れそうな場合には必ず、利用中の金融業者に状況を問い合わせましょう。
また、別途費用は掛かりますが、JICC・CIC・KSCに信用情報の記録を開示請求して、現状を正確に把握するという方法もあります。

○60日以内に利息+αの額を返済する:
支払いが遅れている時の最も現実的な解決策として、この方法をオススメします。
決められた返済額を支払う事は不可能でも、利息+αの最低限のお金を支払う事で、ブラックリスト入りを避ける手段です。
問題を先送りしているだけなので根本的な解決策ではありませんが、長期延滞者になるデメリットを考えれば、急場しのぎとしては十分に検討に値する方法でしょう。
ちなみに、利息+αの「+α」とは、利息と足し算をした時にキリの良い金額にするための、微調整という意味です。

長期延滞中でも融資可能なのか?~まとめ~

これまで紹介してきた通り、長期延滞中になると色々な場面で大変な不利益を被ります。
できればそうなる前に、何らかの対策を打っておきたい所です。
残念ながら長期延滞者になってしまった場合、大手消費者金融や銀行系カードローンの新規利用は絶望的ですが、中小なら希望が残ります。
いくらお金に困っても、闇金や個人間融資掲示板、クレジットカードの現金化といった手法に頼ってはいけません。
長期延滞中という状況を打ち破るための、安心で安全な方法は他に必ずあるからです。
最終的に借金を完済できればそれに越した事はありませんが、難しい場合には思い切って、時効の援用や債務整理に打って出るのも有効です。
つまり、たとえ苦しい状況でも解決策を探してみれば、本当に助けになる選択肢はどこかにあるという事です。
くれぐれもヤケを起こさず、困った時にはこれまでこのサイトに紹介してきた関連ポイントを確認してみて下さい。

コメント