自己破産1年で融資は受けられる?債務整理後に破産者がお金を借りる方法

1年前に自己破産をし、借金から解放されて生活を立て直せると思ったが、どうしてもお金が足りなくなってしまった。
このままでは生活していくことができないけど、どうしよう。
今すぐに、どこかからお金を借りることはできないかな?
融資の申込をしても断られてしまうかな?

このページを見ている方はそんな悩みを抱えているかもしれません。
今回の記事は、そんな過去に自己破産をした方がお金を借りる方法はないのか?
なんとかお金を調達する方法はないか解説し、まとめてみました。

なぜ自己破産をするとお金が借りられなくなるの?

自己破産だけではなく、個人再生、任意整理等でも同じですが、債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されます。
銀行、消費者金融等の金融機関は融資の際に必ず信用情報機関に登録されている個人情報を調査します。
そこに事故情報が記載されていると、返済リスクが高いと判断されるため原則として審査に通ることができません。

事故情報として登録されるのは、債務整理だけではなく、返済遅延、滞納なども同様です。
返済日が過ぎているのに何の連絡もなく返済が滞ってしまうと事故情報として記載されてしまいます。
クレジットカードの支払い遅延や携帯電話の割賦代金の遅延も同様に返済リスクが高いと判断され審査に通れなくなります。

信用情報機関の事故情報はいつ消えるの?

消費者金融が参照する信用情報機関の事故情報は5年で消えます。
銀行が参照する信用情報機関の事故情報が消えるのには10年です。
事故情報の抹消には時間の経過を待つしかありません。
ただし法律で「5年0ヶ月で信用情報から事故情報を抹消すること」と定められているわけではありません。
きっちり5年0ヶ月でオールクリアにされるとは限りませんので注意しましょう。

特に自己破産後に何か信用情報に記載されるようなトラブルがあった場合は上記の限りではありません。
全ての情報は個別に管理されているわけではなく、システムで管理されています。
当然Aさんは6年で消えて、Bさんは10年かかったというようなランダム要素はありません。
しかし、何かしらトラブルがあった場合には抹消時期が遅れる可能性はあります。

自己破産したら二度と借金できないの?

大手、中小に限らず消費者金融は必ず融資の際に信用情報を参照しています。
アクセスする信用情報機関に大手と中小で違いがあるにせよ、自己破産の情報はどちらにも記載されています。
自己破産から1年しか経過していない場合、審査で自己破産が明らかになります。

自己破産をした過去があるということは返済リスクの高い人物と判断されます。
基本的に自己破産直後は大小関わらず消費者金融からの借入はできないと考えましょう。
ただし、自己破産後5年以上が経過し事故情報が消えると信用情報に問題なしと判断されるようになるため、再び借りられる可能性はあります。

いつから借りられるようになるの?

自己破産後5年以上が経過し、事故情報が抹消されると再び借りられる可能性が出てきます。
ただし、全員が必ず借りられるわけではありません。
審査に通るかどうかは信用情報が綺麗かどうかだけで判断しているわけではないからです。

審査は年齢、勤続年数、職種、年収など様々な条件で総合的に判断されます。
このため審査に通るかどうかはその時のその人の状況によります。
自己破産から何年経っていても、仕事がアルバイトで定期的な収入がないという場合や年収が低すぎる場合には自己破産関係なく条件が悪いため審査から落とされてしまいます。
逆に自己破産をしたあとでも安定した仕事と年収があると判断されればスムーズに融資が行われるケースもあるでしょう。

自己破産が金融機関から忌み嫌われる理由

債務整理の中でも自己破産は最終手段です。
財産を手放す代わりに免責を受けて借金をゼロにする行為ですから、金融機関に与えるダメージも大きいです。
金融機関に与えるダメージは任意整理の比ではありません。
このため事故情報に自己破産が記載されている場合、金融機関の警戒度はMAXになります。
一度失ってしまった信用はそう簡単に取り戻すことができないのです。
事故情報に自己破産の事実が記載されている機関は真っ当な金融機関から融資を受けることはできません。

自己破産時に借入をしていた消費者金融からは借りられない

自己破産をして何年経過したとしても、基本的に自己破産時に借入をしていた消費者金融からお金を借りることはできません。
金融機関は個人信用情報以外にも自社で顧客のデータを管理しています。
現在の状況に関係なく、一度でも自社の借金を踏み倒した相手に融資をすることはありません。

例えば、自己破産時にプロミスとアコムとレイクからお金を借りていたとしましょう。
何年か経過し、現在の就業状況等によってはアイフルやSMBCモビットからお金を借りられる可能性はあります。
しかし3社からの借金を自己破産で債務整理した場合、何年経過してもプロミスとアイフル、レイクから借りることはできません。
これは自己破産といった債務整理の履歴が顧客データとして消されることがないからです。

また自己破産を行った会社が保証会社の銀行カードローンも同様です。
例えば三菱UFL銀行カードローンバンクイックは保証会社がアコムです。
自己破産時にアコムからの借入があった場合、その情報がずっと残りますから三菱UFL銀行カードローンバンクイックに申し込んでも通ることはありません。
逆もまた同様です。

保証会社別の銀行カードローン一覧

●プロミスが保証会社
→三井住友銀行カードローン、ジャパンネット銀行ネットキャッシング、住信SBIネット銀行カードローンなど
●アコムが保証会社
 →三菱UFJ銀行マイカードプラス、三菱UFJ銀行カードローン バンクイック、セブン銀行カードローンなど
●アイフルが保証会社
 →しずちゅうCSカードローン、ひめぎんカードローン・サポートなど

中小消費者金融は比較的早めに融資が受けられる可能性あり

自己破産後、大手消費者金融からの借り入れをするためには、最低でも5年以上経過している必要があります。
しかし中小消費者金融は審査基準が大手に比べると若干甘くなります。
現在のあなたの就業状況や年収によっては5以内年で融資が受けられる可能性があります。
ただし、高額の借入は難しいでしょう。
最初は5万円~10万円の少額の融資で返済実績が積み上がってはじめて融資枠の増額が行われることになります。

自己破産後でも融資が受けられる消費者金融リスト

以下の消費者金融は自己破産から5年経過していなくても融資が受けられたとウワサのある会社です。
ただし、全員が必ず融資が受けられるわけではありません。
自己破産後ある程度の期間が経過していることや安定した収入や職業についているなどの条件があります。

●キャッシングエイワ
窓口スタッフがコワモテで有名な消費者金融ですが自己破産歴があっても融資が受けられると評判です。
融資には必ずスタッフとの対面審査が必要ですが、条件が悪い人でも融資が受けられる傾向にあります。

●アルコシステム
アルコシステムは現在の返済能力に焦点を絞った審査をしています。
このため過去の金融事故はあまり重視しない傾向にあります。
自己破産から数年経過し、現在の就業状況によっては融資が受けられるでしょう。

自己破産後の借金はとても危険

自己破産後の7年はどんな理由があっても二度目の免責を受けることができません。
もし再び借金が返せなくなっても自己破産をしてまた借金をチャラにすればいいと考えているなら大きな間違いです。
7年以内に再び借金が膨れ上がり返せなくなってしまった場合でも自己破産をすることはできません。

どうしてもお金が必要という場合でも、借りる金額は最低金額にすべきですし、できるだけ早く返すように努めなくてはいけません。
またお金を借りる以外にできる方法はないか、慎重に検討すべきです。

5年以上経過しているなら個人信用情報を開示しよう

破産申請から5年以上経過している場合、個人信用情報からその情報が抹消されている可能性が高いです。
現在、自分の信用情報がどんな風になっているかは個人信用情報の開示手続きを行うことで調べることができます。
開示請求は「JICC」と「CIC」の2つに行います。
これらの開示請求は個人で行うこともできますが、難しい場合には司法書士事務で代行取得してもらえます。

開示請求し、信用情報が綺麗になっていれば融資を受けられる可能性は高くなります。
綺麗になっているかどうか不安なまま融資の申込みを行うのは危険です。
もし綺麗になっていなかった場合、審査に落ちてしまいますし、落ちたことが信用情報に記載されてしまいます。

信用情報をごまかすことはできないの?

信用情報に自己破産歴が記載されているから融資が受けられないなら、信用情報をごまかすことはできないのでしょうか?
よくある手法に結婚や養子縁組で苗字を変える方法というのがあります。

苗字を変えるとどうなる?

結婚や養子縁組などで苗字が変わると、個人信用情報のデータ上は全く新しい人物となります。
例えば鈴木太郎さんが何らかの方法で佐藤太郎さんに変われば、審査時の参照は佐藤太郎さんで行われます。
今まで世の中に存在しなかった人物ですから、当然事故情報なども記載されてないオールクリーンの状態になります。

事故情報が一切記載されていないなら、審査に通れるのでは!?と思うかもしれませんが現実には難しいです。
普通、成人した人間が生きていれば何かしらの信用情報が登録されています。
例えば携帯電話代金の割賦販売を利用した、クレジットカードを作ったというような記録です。
これが一切ない、全くきれいな人物がいきなり登場すれば審査で怪しまれるのは当然です。
そのため旧住所や電話番号、生年月日などから過去の名前が辿られ旧姓から過去の事故情報が見つかってしまいます。

嘘をついてもバレる

自己破産の事実を隠そうとしたり、別の人物に成りすまそうとしたり、個人情報を偽るのはやめましょう。
調査で不正と判明すれば悪質な行為として社内ブラックとして登録されてしまいます。
一度社内ブラックとして登録されてしまうと、その系列の消費者金融一切で今後審査に通らなくなってしまいます。

違法業者に要注意

借金に苦しみ返済できなくなった結果が財産を手放しての自己破産です。
借金はなくなりますが生活が豊かになるわけではありません。
こうした状況を虎視眈々と狙っているのが闇金などの違法業者です。

違法業者は官報に記載された自己破産者の情報を隈なくチェックしています。
そして名前や住所からDMを送ってくるのです。
自己破産で困っている人なら藁にもすがる思いでお金を借りるかもしれないと考えてです。

闇金と関わってしまえば法外な金利での返済を迫られ、返済が滞れば悪質な取り立てが行われます。
生活を立て直すために自己破産をしたのにより悪い状況に追い込まれてしまいます。
魅力的なチラシやDMが送られてきたとしても、正規の業者ではないので絶対に近づいてはいけません。

自己破産者がお金を用意する方法

お金の困った自己破産者1年目の人間はどうすればよいのでしょうか?
消費者金融からお金が借りられない以上、できる手段は限られています。

生活サポート基金に相談しよう

生活サポート基金は家計が苦しい人の生活を立て直す目的で作られた団体です。
自己破産をした人、多重債務者など普通には審査が通らない人でも生活費に当てる費用を借りることができます。
また生活を立て直すための相談に乗ってもらったりサポートを受けることができるのも特徴です。

●生活バランスの見直しや家計簿作成のアドバイス
●闇金トラブルの相談
●生活保護の申請
●ホームレス施設の紹介
●家庭内暴力の相談

上記のような各種相談にも乗ってもらえます。
借金を申し込む理由は多くの場合、単純にお金が足りないというものではありません。
そこには複雑な事情が絡んでいることが多いです。

生活サポート基金ではそうした相談にも応じてくれ、適切なフォローをしてくれます。
その際にどうしても費用が足りない場合には少額融資も実施しているのです。
利益を出す目的ではないので低金利で借りられる一方、連帯保証人が必要などの条件もあります。
また生活サポート基金が対応しているのは東京、神奈川などの関東エリア限定です。

生活サポート基金以外の相談先

関東エリア以外に居住の方は下記の相談先も有効です。

岩手県、青森県・・・・・・消費者信用生活共同組合
千葉県・・・・・・生活クラブ暮らしと家計の相談室
大阪府・・・・・・ヒューファイナンスおおさか
全国・・・・・・消費生活センター、社会福祉協議会、市町村福祉事務所

いずれも相談や融資を受け付けています。
相談に訪れる際には事前に電話か公式サイトから予約を取って下さい。

信用情報を調べられない家族・友人から借りる

家族や友人はお金を貸す時に個人信用情報を調べません。
自己破産したことを知っていても、大切な人が困窮している事実を知ればいくらか融通してくれる人もいるでしょう。
場合によっては利子や返済を迫らないこともあるでしょう。

困っている時に窮状を打ち明ける勇気のいることです。
知られたくない、心配させたくない、対等な関係でいたい。
そう思うのは当然の心理です。

しかし逆に考えて大切な人が困っている時に知らされなかったら、あなたはどう思うでしょうか?
困っていることを打ち明けることも大事なことです。
お金を借りることができなくても、何かしらの手助けをしてもらえるかもしれません。
困ったときこそ隠さずに打ち明け、現状打破する手助けをしてもらいましょう。

ソフト闇金や個人間融資は危険

「ブラックOK!自己破産後でも融資可能!」と謳っているソフト闇金や個人間融資はとても危険です。
ソフト闇金はマイルドに言い換えただけで本質は闇金と変わりありません。
対面するスタッフが優しそうに振る舞っている以外は同じです。
利子は法外な金額となってしまいますし、あっという間に借金は膨れ上がります。
返済が滞れば躊躇ない悪質な取り立てが行われるのも同様です。

SNSを利用した個人間融資もトラブルが急増しています。
お金を貸す名目で逆にお金を騙し取られてしまったケースや個人情報が悪用されるケースです。
反社会的な行為に個人情報が使われてしまうことも相次ぎ、警察も警鐘を鳴らしています。
お金に困った時に優しそうな言葉を掛けられると甘えたくなるかもしれませんが、より深い闇に落ちるだけです。
絶対に近づいてはいけません。

闇金からの督促に悩んでいるなら

お金を借りる目的が闇金からの督促・取り立てであるならば、別の場所からお金を借りて返済しても意味がありません。
返済することで一時的にしのぐことができたとしても根本的な解決にならないからです。
闇金の金利は法外で基本的に完済できないような仕組みになっています。

闇金からの督促や取り立てに悩んでいるなら、新しい融資先を探すよりも弁護士や司法書士、警察を頼りましょう。
そもそもヤミ金は違法行為なので元本を含めて一切の返済義務がありません。
断固として二度と関わらないという態度を見せる必要があります。

コメント